第二新卒プログラム

ワイズトレーディングでは、ハイエンド3D CADを社内研修用として導入しています。
講師は現役エンジニア。開発現場で必要な実学を学べます。

自動車は3D CADを用いて設計されています。
CAD操作を身に付けるのが、設計の第一歩とも言えるのです!

> CADとは?
自動車・家電製品といった工業製品の設計に際し、コンピューター上で設計や製図の支援をするソフトウェアです。現在では多様な工業分野に浸透し、モノづくりには欠かすことのできないものとなっています。また、不況時でもニーズが高く、注目されている専門技術です。

ハイエンド3D CAD

ワイズトレーディングでは、日本が世界に誇る自動車メーカーが実際に開発に使用しているハイエンド3D CADを、社内研修用として導入しています。

設計から解析まで、製品開発のプロセスを総合的に支援する高性能なCADです。

【代表的なハイエンド3D CAD】
NX (日産自動車、いすゞ自動車、スズキ、マツダ等が導入)
CATIA (トヨタ自動車、本田技研工業等が導入)

講師は現役エンジニア

研修の講師は現役で設計現場で活躍しているエンジニアが担っています。
そのため、単なるCAD操作だけでなく「今、現場で使える技術」を身に付けられます。

スキルアップカリキュラム

カリキュラムは、実践的な内容になっており、講師は経験豊富なベテラン設計者です。
その講師による個別指導で完全サポートをおこなっています。

  • パートデザインのコマンドの基本的な練習と応用操作
  • 基本的なモデリング
  • ジェネレーティブシェイプデザインのコマンドの基本的な練習と応用操作
  • 設計変更に対応できるモデリング
  • アセンブリ用のパーツ作成とアセンブリ拘束の定義
  • 基準パーツから共通項目をパブリッシュ、循環エラーにならないモデリング
  • モデリングしたものの図面化

資格取得支援

CAD利用技術者試験をはじめ、機械設計技術者試験・TOEIC等、エンジニアとして欠かせない知識習得に役立つ資格取得を支援し、取得後には資格手当を支給しています。